2012年09月27日

水と料理

水と料理の関係は深く、水の良し悪しでその料理は決まります。そもそも郷土料理とはその土地に行かなければ、その美味しさが味わえないものです。これはその土地の水で育ったものを食材とし、その土地の水で料理されるからです。
料理と水
これは水に含まれるミネラル成分で産物が出来上がっていることが一つの鍵になっていて、その郷土ならではの料理方法によって積み上げられた食文化が築き上げた結果です。

緑茶は日本の軟水の地域で生まれ、紅茶は欧州の硬水の地域で生まれました。 緑茶と紅茶の違いは茶葉を発酵させているのが紅茶で 、発酵させないのが緑茶です。 緑茶は軟水ではまろやかですが、 硬水では渋みが出てきます。紅茶は軟水では香りが薄く、硬水ではその紅茶の香りが よく出ます。 これもミネラルバランスが重要な鍵を握っているからです。

日本での料理に使う水はウォーターサーバーの水が最適です。日本の水をろ過したRO水、各地で産出された天然水を使い料理するのは正にうってつけです。そして水の硬度においてはミネラルのバランスが重要です。それもカルシウムとマグネシウムのバランスで、例えばカルシウムは肉のたんぱく質としっかり結合して肉汁を閉じ込めることができますし、マグネシウムは炊飯において抗酸化作用や保水効果があるためご飯に菌の発生を抑えて、黄ばみを防ぎ、また水分の保持ができるためパサツキにくくします。

是非、ウォーターサーバーの水で料理してみてください。

当ブログ・ウォーターサーバー比較
posted by えま at 17:06| Comment(0) | 料理と水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。