2012年09月26日

水と老化防止について

地球上で生物の命の源である水は、老化防止にも効果があります。
水
水は、体温調整、血液循環、発汗、新陳代謝の促進、解毒、鎮静、入眠と覚醒、利尿などに役立っています。昔からどんな良薬にもまさるとも劣らない働きをすると言われています。水を正しく飲むことで、体の隅々まで細胞を活性化して老化防止に役立ちます。

水があまりにもありふれた存在であるため、過剰に摂取して健康に役立てようとする人がいますが、水を飲みすぎると、血液濃度が薄くなり、水中毒という症状を起こし、最悪の場合脳に損傷を起こすこともあります。正しく水を飲んで老化防止に役立てください。

人間は1日に2リットルの水を取り入れて、同量の水を体外に排出しています。水の排出は、睡眠中も続いているので、起床時の体は、一日で最も水分が不足している状態に陥っています。朝起きたらまずコップ一杯の水を飲むと、自律神経が自然に目をさまし、体が活性化されます。朝起きたら喉が乾いてなくても、まず水を飲む習慣は、老化防止に効果的です。

水は、食事の邪魔にならないように、寝起きの他に就寝時や入浴後などに摂ると良いでしょう。ただし、喉の渇きを覚えた時でも飲みすぎは、血液濃度やPHが急激に変化するので健康に良くありません。喉が渇く前にチすこしずつ飲むことを心掛けましょう。

当ブログ・ウォーターサーバー比較

posted by えま at 18:17| Comment(0) | 老化防止と水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。